モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育とは

マリア・モンテッソーリ女史は、1870年イタリアに生まれ、医師を志し、イタリア初の女性医師となりその後、障害児教育を通して教育学哲学を学び、子どもと生活を共にしながら新しい子どもの観方を幼児教育界に投げかけ、そのすばらしい教育効果は世界に広く認められています。現在世界110カ国で行われています。
 *モンテッソーリ教育を受けて育った有名人*
アンネ・フランク(アンネの日記)、ジェフ・ベゾス(アマゾン.comの創立者)、サーゲイ・ブリン(グーグルの共同創立者)、オバマ大統領、ピータードラッカー(現代経営学の父)、ジミーウェールズ(wikipedia創始者)、ウイリアム王子とヘンリー王子(イギリス王室)、ジョージ・クルーニー(映画俳優・国連平和大使)乙武洋匡(五体不満足著者) 等々・・・

子どもの自立への援助–ポイント①

子どもの発達段階には、ある時期にしか現れない「敏感期」があります。自分が本当にやりたいことに出会ったときに、子どもはその作業を繰り返す『集中現象』を見せます。
そしてその過程で落ち着いた心を育んでいきます。    
大人から与えられるよりも子どもが自分自身で選ぶ「自由」によって、子どもは心と身体を解放し、人間の持つ「秩序」と「おおらかさ」の美質を人格の核に取り込んでいきます。
もちろん、その「自由」は無責任な「放任」とは違います。自分で選んだ事を最後まで責任を持ってやり遂げ、他の子どもへの配慮や思いやりの精神をもコインの表裏のように含んだ真の「自由」です。これを正しく援助することが大切です。

環境の準備と整備–ポイント②

子どもが自立に向かう衝動を正しく援助するためには、適当な時期に、適正な外的刺激が必要です。そのため、子どもが自ら外的刺激を求め、その体験を通して自己発達ができるように、子どもから学んだ環境を準備・構成する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加